日光道 土沢(どさわ)インターチェンジについて 

  •  日光宇都宮道路の大沢インターチェンジと今市インターチェンジの間で建設を進めていた土沢インターチェンジが、平成23年3月26日(土)に開通しました。

     日光宇都宮道路は、国道119号及び120号のバイパスとして、宇都宮市と日光市を結ぶ延長30.7kmの地域高規格道路です。栃木県の中心都市である宇都宮市と国内有数の観光都市である日光市との交流・連携を促し、国際的な観光リゾート資源を生かした産業の振興を促進するとともに、沿線地域の活性化を支援する道路です。

     土沢インターチェンジの開通により、国道121号(例幣使街道)の板橋から今市間の交通量が分散されるため、日光杉並木への排気ガスの影響が軽減されるとともに、今市市街地の通過交通量が減るため、歩行者・自転車の交通事故の減少も期待されます。

     鹿沼方面から鬼怒川方面へ向かう場合、国道121号板橋バイパスを通り、土沢インターチェンジから今市インターチェンジまでの区間は無料でご利用いただけます。

  •  なお、平成25年3月10日(日)午後3時までは、土沢インターチェンジから鹿沼方面のみ通行が可能です。
     鬼怒川方面へは、平成25年3月10日(日)午後3時以降、ご利用いただけます。