道路公社について

目的

地方道路公社法に基づき、栃木県の全額出資により設立された団体です。

道路公社は、栃木県の区域及び周辺地域において、その通行又は利用について料金を徴収することのできる道路の新設、改築、維持、修繕その他 の管理を総合的かつ効率的に行うこと等により、この地域の地方的な幹線 道路の整備を促進して交通の円滑化を図り、もって地方における住民の福祉の増進と産業経済の発展に寄与することを目的としています。

事業

道路公社は、道路整備特別措置法に基づく有料道路と、付属施設の建設及び管理運営をしています。

日光道を始めとする、有料道路5路線と陸橋下駐車場の管理運営を行っています。また、県が管理している道路に設置された、長さ500m以上の長大トンネル13箇所の設備の管理を受託しています。

沿革

昭和45年4月 財団法人栃木県道路公社設立
昭和46年2月 地方道路公社法(昭和45年5月20日法律第82号)の制定に伴い、財団法人栃木県道路公社を、この法律に基づく栃木県道路公社に組織変更し、設立登記
昭和46年3月 財団法人栃木県道路公社を解散
昭和46年4月 那須高原有料道路及び那須山麓有料道路を県から引き継ぐ
昭和47年9月 中禅寺湖有料道路完成、供用開始
昭和47年10月 日塩有料道路完成、供用開始
昭和51年9月 霧降高原有料道路完成、供用開始
昭和53年9月 那須甲子有料道路完成、供用開始
昭和56年4月 日光トンネル管理事務所を設置し、県から日足トンネルを受託管理
昭和63年10月 今市統合管理事務所(現今市管理事務所)を設置
平成3年4月 那須山麓有料道路、料金徴収期間満了
平成4年10月 鬼怒川有料道路完成、供用開始
平成6年10月 塙田駐車場完成、供用開始
平成8年3月 宇都宮鹿沼道路完成、供用開始
平成9年9月 中禅寺湖有料道路、料金徴収期間満了
平成14年3月 日塩有料道路延伸事業(日塩龍王峡ライン)完成、供用開始
平成17年6月 日光宇都宮道路を日本道路公団から引き継ぐ
平成18年9月 霧降高原有料道路、料金徴収期間満了
平成20年9月 那須甲子有料道路、料金徴収期間満了
平成21年10月 那須高原有料道路、料金徴収期間満了
平成23年3月 塙田駐車場、早期償還に伴う営業期間終了
平成24年4月 栃木県土地開発公社及び栃木県住宅供給公社と管理部門を統合

各有料道路の概要

当公社の管理する、有料道路5路線の概要は、こちらからご覧いただけます。
   有料道路の概要

案内地図

情報公開

財務諸表

平成27年度 こちらからPDF形式でダウンロードできます。


戻る